連続多孔質体

Porous material

ヤマハチケミカルの基幹技術

お客さまの開発ソリューション

連続多孔質体とは?

小さな空間と空間が連続してつながった素材

’多孔質’とは、無数の小さな穴の空いた状態をいいいますが、連続した立体網目状の気孔構造を持ち隣接した気孔間の壁が開いているものを’連続多孔質体’いいます。

連続多孔質体は、空洞になった気孔内部に液体や気体を貯蔵をすることができ、気孔が開口した部分からは液体や気体が通過できるのが大きな特長です。

私たちが日常生活の中で普段使っているスポンジ、化粧用パフ、軽石、木材や紙なども、’連続多孔質体’ と言えます。


ヤマハチケミカルは、プラスチックの連続多孔質体メーカーです

ポリエチレンをベース素材とした当社の ’連続多孔質体’ は、細かな気孔構造を持つ素材です。 当社は、マーカーペン用ペン先や浸透印用印材など、長年に渡り、当社の基幹技術である連続多孔質体の製造技術を活かした製品の製造販売をして参りました。 近年では、化粧品業界や医療分野への展開も視野に入れ、多様化するニーズにお応えできる体制を整えるための素材開発・用途開発にも、力を入れております。


開発相談

当社の連続多孔質体を基幹技術とした展開は、化粧品業界向けのアイライナーチップや薬液の塗布材など、さまざまな分野へ活用が拡がっております。 お客さまのご要望に的確に対応できるよう、基礎研究の積み重ねと長年培った技術ノウハウを組み合わせながら、新たな特性を引き出す取り組みを積極的に実践しております。 お客さまの問題や新しい開発の良きソリューションとして、当社の技術をご活用ください。

開発のご相談・サンプルのご依頼

ヤマハチケミカル 第二事業部   TEL : 0533-57-1651    FAX : 0533-57-9310

受付時間:9:00~17:00(土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

お問い合わせ